仮に冗談だとしても・・・(イヤ、本音かなぁ・・・)

前に息子が「こんなのはどう?」と書いたデザインをキーホルダーにして渡した。そりゃ、本人の中のイメージと出来上がりとはかけ離れているかもしれないし、キーホルダーにつけるものがなくて使わないなぁってのはあるかもしれない。

「なんかあんまりうれしくないみたいだね、全然使ってくれないし・・・。」
と言ったら、聞いてたダンナが
「そりゃぁ〜そうだよなぁ、お母さんの趣味を勝手に押し付けられてもなぁ、困るよなァ・・・。」
と言った。


こういうのってさ、すごく落ち込む。
ダンナが正直に表裏なく言った言葉か、冗談で言った言葉か私にはわからないけど、でもさ、個人的にはそういう人の善意に対する否定的な言葉って本当にイヤなのよね。よくテレビなんかでやってる「ドッキリ」みたいなのもそうだけど、人の善意を踏みにじるような行為って、例え皆が笑ったとしても私は本当にイヤ。

贈り物に対してもそう。
趣味がいい、わるいっていうのもあるし、趣味が合わないってのもよくあることだと思うのよね。でもさ、本当はその品物がいいかどうかじゃなくて、気持ちが大事なんじゃないのかなぁって私は思う。
あの人はこんなの好きかなぁ、やっぱりあっちの方がいいかなぁ、そういえば前にあんなのが欲しいって言ってたよなぁとか、その人のことを色々考えるってことが大事なことなんじゃないかなぁ。

だから、もらった時に「うわぁ!なんじゃコレ?」って思うこともあるかもしれないけど、本当はそう思う前にもっと思いやるところがあると思うんだけど。こんなの綺麗事なんかな。
最近はさ、何が欲しいか聞いて贈ったり、現金・金券で贈ることも多いけど、本当はそういうのって邪道な気がする。
特に何が欲しいか聞くっていうのは「贈り物」じゃなく「買ってあげてる」だけなんじゃないかなって思っちゃう。私は気持ちが欲しいな。

まぁ、そんなわけで、ダンナには一生プレゼントは「出来ない」だろうなって改めて思ってしまった。(昔は、私からは本当に色々プレゼントをしたように思うけど、きっといつも「勝手に押し付けられてもなぁ」って思ってたんだなと思うと、「はァ〜」って感じ。逆にそう思っているから全然プレゼントもしてくれないわけよね・・・。寂しいなぁ・・・。)