国語学者じゃないですが

以前、アナウンサーが「開いた口がふさがらない」って言葉を褒め言葉として使っていたって書いてると思います。(アタシの感覚では?という感じですが、あながち間違いでもないようです・・・。)


で、まぁ、アナウンサーだともうその場で言葉をつないでいかないといけないから?って思うような言葉が出ちゃうのもある程度はしょうがないんだろうなって思います。



が、



新聞に「突拍子のない」って言葉が使われていて・・・これって「突拍子もない」じゃないの?って・・・まぁ単純な誤植なのか、間違ったのかはわかりません。
けど、アタシとするとなんかなぁ〜って思います。


あ、もちろんアタシだって国語学者じゃないから間違って使ってる言葉って沢山あると思います。(もちろん間違いがわかったら直そうと努力はします。)けど、メディア関係の人って「プロ」ですよね?影響力も大きいと思うから、出来れば間違って欲しくない。
言葉って時代の流れと共に変化していくものだと思うけど、それって一般市民が使うようになって・・・っていう変化だと思うので、プロには間違って欲しくないです。



(新聞が出来るまでの工程を知りませんが、見直す人っていないんですかね?)