私には理解出来ないダンナの性格(というか行動?)

今朝のことですが、出勤後に携帯を見るとダンナからの着信がある。



ん?




本当に必要な時しか電話をしないうちの家族のことなので、なにか用かと思い着信から一時間くらいも過ぎていたけど電話してみると・・・




財布を忘れて電車賃を払えなかったから、後でお金を持っていかなくちゃならない




だそうです。ダンナは定期券を財布に入れているんです。そして田舎なので乗る駅は「無人」なんですよね、だから降りたところで「あ・・・忘れた・・・」ってことになったみたいです。






アタシ、こういうのって「絶対に」ダメな人なんです。
ものすごく小心者っていうか、心配性っていうか、とにかくなにがなんでも準備をしておきたい人なんです。あ、こんなこと言うとアタシが完璧な毎日を過ごしているみたいに思われるかもしれませんが、そういうことじゃないです。ただ、極力「失敗」を少なくしたいと思っていて、やはり少なくするには準備するしかないというか・・・。
しかも?財布とか定期とかって必要なものですよね。まぁどっちかを忘れるってことはアリかなって思うんです。定期持ったけど財布忘れたとか、財布は持ってきたけど定期を忘れたとか。
それを一緒になってるとはいえ両方忘れるなんて・・・アタシの性格では本当に理解しがたいことです。


今にはじまったことじゃないというか、アタシ自身としてもダンナのこういうところは知ってますが、ホント、いつまでたっても(っていうかたぶん永遠に)理解出来ないところです。


コレって良い言い方をするなら「肝が据わってる」って感じなんですかね。
ホント、アタシにはマネ出来ない。