黒とろろこんぶ(ほたるいか入、白えび入)/室屋

黒とろろこんぶ(ほたるいか入、白えび

富山湾ほたるいかを使用

海の神秘と伝統の融合
ほたるいか」と「黒とろろ」、富山県の美味しさを合わせた昆布のふりかけです。
「昆布王国富山」の食卓で親しまれている「黒とろろ」に、富山湾の「ほたるいか」と、オリジナル「昆布塩」をアクセントにして、風味豊かに仕上げました。
ごはんのふりかけ、おにぎり、酢の物、和え物などにどうぞ。


ほたるいか
ほたるのように光る神秘的な姿が美しく「富山県のさかな」として認定されています。
富山湾ほたるいかは大きくミソがたっぷり詰まった高級品とされています。


富山流昆布おにぎり
富山県民は昆布大好き、その消費は全国トップを誇ります。
そんな富山でうまれ育ったおにぎりは超独特。まわりにはのりではなくたっぷりと昆布をまぶします。
富山流昆布おにぎりを是非お試しください。




富山湾の白えびを使用

白い力と黒い味わい
「白えび」と「黒とろろ」、富山県の美味しさが合わさった昆布のふりかけです。
「昆布王国富山」の食卓で親しまれている「黒とろろ」に、富山湾の「白えび」と、オリジナル「昆布塩」をアクセントにして、風味豊かに仕上げました。
ごはんのふりかけ、おにぎりにつけてお召し上がりください。


白えび
富山湾のさかな」、に指定され「富山湾の宝石」とも呼ばれています。富山湾の澄んだ海底谷にしか生息しない大変貴重な食材です。


北前船の中継地 とやまの昆布
富山県はかつて北前船の中継地として栄え、古くから昆布文化を受け継いできました。
明治時代以降、北海道の昆布漁場を開拓したのも富山県民で、地元の富山に美味しい昆布をたくさん送っていたそうです。




黒とろろ
富山県のご当地食文化の「黒昆布」です。
程よい酸っぱさとキメの細かさが特徴です。



スーパーで見掛けて買ってみました。
袋に本当に色々書いてありますが、買う気になったのは「そんな富山でうまれ育ったおにぎりは超独特。まわりにはのりではなくたっぷりと昆布をまぶします。」という一文です。


これを試してみたくて買ったのですが、味よりもこの「粉」感が気に入りました。
「とろろこんぶ」って布状というか、鉋屑みたいな感じの形状が多いじゃないですか。実はアタシ、あれがちょっと好きじゃないんですよね。
けど、これは粉砕されてるというか、細かいのでホント料理にも使いやすいです。
あと、やっぱり「白えび」っていうのにひかれました。正直そんなに「白えび」感はないですが。


イヤ、ホント、気に入りました。


ということで、ちょっと買いだめしてあります。



皆様、見掛けたら是非お試しください。