若い人達とばばぁの感覚の違いが良くわかった。

ニュースじゃないです。【夫婦関係を円満に続けていく秘訣を描いた漫画に「これ大事」「人間関係全てに使える」】で検索すればヒットすると思います、興味があったら読んでください。



ザックリ言うと「夫婦であっても所詮赤の他人」て感じです。



あ、アタシもここの部分は「根本」だと思ってます。



が、



アタシはホント今時の感覚からはかけ離れているのでちょっと違います。
(書いてる人は男性なのかな?結婚して4年、付き合ってから7年、そして「料理も片付けも各自でやっている」ご夫婦のようです。)


アタシ・・・正直こういうのがちょっとよくわからないんです。
例えば・・・記事を書いてる人に子どもがいるのかどうかもわからないし、子供の人数とかもわからないです。今はまぁ「割り勘」的な感じで生活しているんじゃないかと思うのですが(だから自分のも片付けてもらったら「奢ってもらった」みたいな感覚でありがとうって言うんじゃないかと思うのですが)長く一緒に生活していて段々環境も変わったりすると・・・「いい感じ」の「割り勘」てなかなか難しくなってくる。
(例えばそれは物理的なことだけじゃなくて精神的なことでも。)




というわけで、まぁまぁ結婚生活が長くなってきたアタシが最近思うことは




主婦って家族のマネージャーだな




ってことです。
あ、もちろんこれは家の場合のことで、例えば夫婦そろって土日休みでほぼ定時で帰ってきて、有給もバンバン使えるようならハナシは別だと思います。



家に関していうなら、ダンナは(土日に出ることはそこまでないですが)平日はほぼギリギリ今日中に帰ってくるような生活をしてます。
となると、例えば役所とか金融機関とか、その他「どうしてもやらなくちゃならないお付き合い」とか、フツーの人が行動している時間帯でしなくちゃならないことは「誰か」がやらなくちゃならない。
その「誰か」がしなくちゃならないことをアタシがやってると思ってます。
これって、アタシからすると(たとえが良くなければゴメンナサイですが)タレント(ダンナ)が仕事に専念できるようにするためのマネージャー(アタシ)じゃないかなって思うようになりました。
(もちろんマネージャーとか言いながら仕事をとってくるみたいな仕事はないですが。)



そう思えば、なんというか、アタシはアタシの仕事をしっかりやらなければって思うし、それが「主婦の仕事」と思えばちゃんとやって当然、まぁまれに結果が良ければ褒めて?貰えることもあるかもしれないし、失敗したら「なにやってんだ」と言われてもそれは「しょうがない」って思います。



なにか「無償ボランティア」みたいな「親切」みたいな感じだと「お礼」←別に金銭じゃなくて言葉だけでもないと「なにあたりまえみたいな顔してんだ」みたいに思っちゃうことあるんじゃないかと思うけど(ない?アタシは心が狭いからそう思うことが結構あります)仕事だと思えば、仕事なんだからやって当たり前みたいに自分の中でイライラしないで済む。
そして「過剰な要求」があったとしたら・・・それは「てめぇ〜がやったらどうだ!」ということです。



なんか主婦を仕事って・・・大昔の人間の考えそうなことだなぁ。