人手不足だらかなのかなぁ。

真夜中に出歩いているアタシのコース上に、たぶん秋ぐらいの台風かなにかで用水路の土手が崩れてきているところがある。
で、まぁ当然?役所に連絡がいったみたいで赤いコーンとか回り道を促す赤地に白の矢印の看板?が置かれた。
(でも人や自転車は通れる。)



それが置かれた日にちをハッキリとは覚えてないですが、もう二か月以上は経ってるような気がする。
そしてそういうものが置かれたことは置かれたけどなにか対策がされてるわけではないので、だんだんその崩れた部分が「きちんと」崩れていっている。



コレ、予算がなくて工事が出来ないのか、はたまた世間でよく言われてるような土木系の作業する人を確保出来ないからなのか・・・これから雪もひどくなるだろうし、早くやったほうがいいんじゃないのかなって思ってる。
あ、もちろんアタシが見てるところ以上に酷いことになってるところもあるだろうし、予算とか程度とか色々鑑みたうえで後回し?にされてるんだろうけど。




雪解けの水がしみ込んでもっとひどくなるんじゃないかと懸念している。