命の危険を感じるほどの暑さで・・・熱中症

任意団体なのに強制されるみたいな色々否定的な話が出てくる「PTA」ですが、こういう時こそ出番なのでは。



小学校とか中学校とかってエアコンがついてないところが多いんじゃないかと思います。(公立の学校です。)



で、この暑さで体調不良に陥る児童・生徒が多数出てるようです。
市とか町とかにお金があって「こんなに暑いんだから全部の学校、全部の教室にエアコン入れます」って言えたらいいと思うけど、実際には入れるお金も使った電気代を払うお金もないのでは。だったらなんでもかんでも学校とか市町村とか誰かに「入れろ」とかいうんじゃなく保護者がお金出して入れたらいいんじゃないの。



そういう時にPTAとかが先頭に立って「子供を守るためにエアコンを入れたいから子供一人につき1000円徴収、足りない分はPTAから出す」みたいな、そういう活動したらいいんじゃないかな。(あ、まぁ色々な規則とかは知らないのでルール違反にならない範囲で。)



PTA活動なんてバカバカしいみたいに思ってる人達はお金出すのはOKなんでしょ?だったらさ、こういう時にポンッ!と一人10万くらいずつでも出したらいいじゃん。
普段地道に(イヤイヤでも)PTA活動の一環として資源回収とかに参加してる人だっているんだからさ。(そしてその資源回収とかって結構な収入になってたりする、今もそうかはわからないけど。)



っていうか・・・もうこういう時代だから学校に行くのやめて自宅学習でいいんじゃないの?仕事だって自宅でするとかいう時代なんだし。
(そしたら少なくとも学校にエアコンいれなくてOKだし。)