そんなこと言ったら「お母さん」て無理ゲーじゃん。

なにかパソコンいじってると、自分が見たものの関連とかで記事が拾われて出てきたりするじゃないですか。


で、アタシ、一番最初のきっかけはなんだかよくわからないのですが「離婚してもいいですか 翔子の場合」っていうのが出てきて、なにかそれが毎日読んでる新聞の小説みたいな感じで「出てくる」→「読む」のが一連の流れみたいになっちゃってるんです。(まぁイヤなら読まなくちゃいいのはわかってる。)


それで、完全に最初から読んでるのか、はたまた途中からなのかもよくわかってないのですが(とにかく出てくるから読んでる)おばあさんになってるアタシからすると「そんなにイヤならサッサと離婚したらいいじゃん」とか思っちゃうわけです。


で、それとは別なんですが、最近(アタシが見てる最近)主人公のお父さんがハナシに出てきて「自分には厳しかったのに孫には優しくしてる」みたいなのとか、母親の「今はしあわせ」って言葉に対して「そんなのウソ」って・・・しかも?「お母さんみたいな人になりたくない」とか・・・ハッキリ言って違和感満載です。
っていうか、コレ今時の主婦まっただなかの皆様は「そう、そう」って思ってるってこと?あ、別に世の中の女性全員が「お母さんみたいになりたい」って思うことが普通だとか思ってるわけじゃありません。そうじゃなくて、なんというか、そういう自分の価値観でお母さんのしあわせを否定することないじゃん、て思うわけです。


すぐに機嫌が悪くなるお父さんで、機嫌が悪くなると大きな声で怒鳴ってって、そりゃぁ確かに良くないことだし今時なら虐待認定される行為ではあると思うけど、アタシの気持ちとしたらそれって「その時」のことじゃないかと思うわけです。「その時」が絶え間なく続いている日常ならそれは本物の虐待だと思うけど(っていうか、今は1回怒鳴っただけでも虐待なんだろうけど)「その時」イヤだと思って、じゃぁ離婚ねって・・・結婚てそういうもんじゃないと思うんだけど。
(主人公のお母さんはイヤなことがあっても?いつもニコニコしているお母さんだったみたい。)


で、まぁそういう日常の積み重ねで今があり、お母さんが「今はしあわせ」って言ってるなら、それはそれでいいじゃんて思う、アタシは。
だって、現に結婚して娘が孫を連れて遊びにくるなんて、しあわせなことじゃないの?それを「お母さんはそう思い込んでいるんだ」って・・・まぢで余計なお世話って気がアタシはする。
例えとしてピッタリかどうかはわからないけど、イヤなこと?があった時って、例えばスポーツなんかで試合中に「劣勢」になることってあるじゃないですか、おされて「このままじゃ負けるかも」っていう時が。でも試合中だから結果はわからない。結果って終わった後にわかることじゃないですか。劣勢になった時に「もうやめた」って試合をやめちゃったら、それは「負け」になっちゃうかもしれないけど、そこを乗り越えて終わった時に勝ってることだってあるわけですよね。続けていて最後に「しあわせ」っていうことがそんなに「お母さんみたいになりたくない」って・・・個人的には「え?」って思うのですが・・・今時はそういう劣勢?を乗り越える「我慢」すら「不幸」というのかって、もう時代が違うなって感じです。


なにか・・・子供に対して厳しい(のとはまたちょっと違うのかもしれないけど)のは「毒親」みたいに言われちゃう可能性が高く、逆にいつもニコニコしてたら「そんなのウソ」って言われちゃうんだったら・・・いったいどんなお母さんだったらいいっていうのか。
細い糸の上をフツーに歩けるくらいのバランス感覚がなければ「お母さんみたいになりたい」って言われるようないいお母さんにはなれない気がする。
世の中にそんな絶妙なバランス感覚を持って子育てしてるお母さんがどれほどいるんだろうか。


っていうか・・・主人公は自分の結婚生活?は自分の家庭環境のせい(とは言ってないけど「お母さんに似てる」と思ってるみたいなので)と思ってるみたいだけど、その考え方もどうかなって思ってしまう。だって、確かに小学校、中学校くらいまでは親の言うこととか考え方とかって大きいと思うけど、それ以降はもう自分自身を自分で育てるみたいな時間だと思うからそこで自分を育てなかったとしたら少なからず自分自身のせいでもあると思う。
親が自分に厳しく孫に優しいのは、そんなのはもうしょうがないことだよ、だって孫だから責任ないもの。