道が狭いからかもよ。

横断歩道で車が停まるのを待ってる人がいる時、車が停まる率?が長野県は全国で一番高いみたいな調査結果が出ていたようですが、ひょっとしてコレって長野県の道路幅が全体的に狭いからじゃないかと思ってしまいました。


あ、道路の幅が狭いって国道?みたいな交通量が多い、フツーの人がぱっと想像するような道路のことじゃありません。
「名もなき道」みたいな、住宅地とか山奥の村(とは今時言わないのかな)とか、そういうところの道路のことです。退避場所みたいなところでどちらかが待ってないと行き違い出来ないみたいな。
普段そういう道を通っていると、道路脇に人がいたら停まって渡ってもらったり、先に行ってもらった方が車運転してる側からするとラク


で、狭い道でそういう運転していたらフツーのまぁまぁ幅の広い道路でも「習慣」みたいな感じで人がいたら停まるのでは。


ルールを守るのがフツーだし(というかルールを守ろうとする気持ち)、それが正しい行動だけど、それ以前の問題として普段「停まった方がラク」っていう環境で運転してるから停まることに「抵抗」がないんじゃないかと思う。


とにかく「長野県」はいろいろな意味で「せまい」から。