理解出来る人にしか理解出来ない。

以前に学校の先生だったかに関連して書いてるはずですが、もう根本的なことです。


以前に書いたのはたぶん・・・学校の先生はそもそも優秀な人、自分が学校に通っていた時に先生から褒められたり高評価されたりしてるような人が先生を目指すから「出来ないヤツ」の気持ちは絶対にわからないだろうなっていうようなことです。
出来る人からしたら「なんでこんなのが出来ないのかな」って寧ろ出来ないことが不思議に思えるんじゃないかと思う。
(だから「出来ないヤツ」は先生から出来ないことを叱咤激励されてもそれが良い思い出にはならず、絶対に先生なんかになりたいと思わない。少なくともアタシはそう。)


今回思ったのは結婚についてです。
みんな結婚て、結婚に対して何を期待して結婚するのか、みたいなことです。
もう相当前の話しですが(ここに書いてるかもしれない)知り合いの社長と話している時に「家のダンナは自分からは起きてこない(くる時もあるけど)だからアタシが起こしる」みたいなことを言ったんです。するとその社長は「それって、起こさないと遅刻して会社でのダンナの評価が下がって、ひいてはそれが給料にも反映されて自分が困ることになるからしてるんだろ」って反応をしました。


アタシ、その時は「そうなのかなぁ~」みたいな反応をしたはずですが内心は「そういうことじゃないんだよな」って気持ちでした。
でも、「そういうことじゃない」って、じゃぁどういうことなんだ?って最近よくよく考えるようになり、至った結論がコレ。


「アタシはダンナのためになにかをしたい」


よく結婚に対してというか、条件?みたいなのがあるじゃないですか。経済力とか容姿とか、今時なら家事・育児の分担(共同作業)とか、ダンナの実家と同居しないとか。


よくよく考えるに、アタシにとっては「ダンナと一緒にいる」ということがなにをさて置いても一番重要なことで、だから他のことに対しては、もちろん出来た人間ではないから不満も沢山ありますが、それは一番重要なことに比べたらハッキリ言ってどうでもいいくらいの小さいことに思う。表現としてどうかとは思いますが、アタシの幸せはダンナと一緒にいることなしには完成されず「ダンナと一緒にいなければならない」ぐらいな気持ちです。


最近はそういう自分の気持ち(他にも色々)を明確にすることで、なんというか悟りをひらくじゃないですが、考え方がシンプルになり、なにが必要でなにを我慢しなくちゃならないかみたいなのの判断がつけやすくホント、毎日幸せに生きています。



なにかこういうハナシをすると「依存」とかいう言い方もされそうですが、言われて結構、否定する気は全くないです。
ですが、一方、例えばなにがなんでもお金持ち(資産家)と結婚したいと思ってる人がいたとして、別にお金に依存してるとかって言わないんじゃないかと思うんですよね。(言うのかな。)そしてアタシは別にそういう考え方(お金持ちと結婚したい)を否定するつもりもなく、とにかく考え方、なにが一番大事かは人それぞれだってことです。ただ、そういう考え方はアタシには理解出来なく、たぶんそう思ってる人にはアタシの考え方は理解出来ないと思う。


「知識」みたいなことについては勉強したら理解出来るようになるかもしれないけど、「気持ち」については自分が体験したこと、体験した気持ちになれることしか理解出来ない。人間て自分が理解出来ることしか理解出来ない。